歯科医院 赤坂 西山デンタルオフィス

歯科医院 赤坂 西山デンタルオフィス 
トップページ最新のお知らせ診療方針診療内容医院案内ドクター紹介アクセス


根管治療


根管治療(歯の根の治療)について
当院は、マイクロスコープを使用した精密根管治療を推奨しております。(自由診療)


根管治療
歯科医院で、「歯の神経を取ります」「歯の根の中が膿んでいます」などと言われたことはありませんか?
歯の根の中には、神経が通っているとても細い管があります。虫歯が進んでしまい、虫歯菌が神経に到達したり、外部からの刺激によって根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、その管の中をきれいにお掃除して、感染物質を除去する必要があります。そのような歯の根の治療を「根管治療」と呼びます。


〈根管治療の重要性〉
根管治療は、歯科治療においてとても重要な治療です。
たとえば、豪華な建物を建てるとき、基礎工事がしっかりしていなければ、せっかくの建物もいずれ倒壊してしまいますよね。歯も同様で、適切な根管治療がされていない歯に高価なセラミックの歯を入れても、後々根の中に膿(感染物質)がたまってきたり、根のまわりに炎症が起こったりして、せっかく装着したセラミックを外して再治療が必要となる場合があります。最悪の場合、歯を抜かなければならなくなるかもしれません。
そのような事態をさけるため、歯髄(歯の神経)を除去する際には、将来的に病変ができないように、また、すでに病変ができてしまっている歯であれば、その病変を治すために、丁寧に適切な根管治療を行う必要があります。
このように、根管治療は歯科治療の基礎となる重要なものです。
適切な根管治療はその歯の寿命を決定付ける、大切な治療なのです。


〈根管治療の複雑性〉
根管の中の形状は、人それぞれの一本一本の歯によってまったく異なった形態でできています。曲がっていたり、枝分かれしていたり、とても複雑な構造になっているため、肉眼では到底確認することはできません。
根管の形が複雑であるほど、治療の難易度も上がります。
不完全な治療で根の先に病気が波及すると抜歯を余儀なくされることもあります。
適切な根管治療は、歯の寿命を左右するとても大切な治療です。


〈一般的に行われてきた従来の根管治療とその問題点〉

1.虫歯が進むと、歯の神経に炎症を起こしてしまうため、歯の神経を取る治療が必要になります。
2.麻酔後、神経を取るために歯に穴を開けていきます。
3.ファイルという細い針で、根管内の神経を取ります。
4. 根管内の神経を除去し、消毒後、ゴム性のガッタパーチャーで充填し終了します。
その後、クラウンなどの被せものを装着します。


これまでの治療の問題点
神経が通っている根管は、非常に細く、入り口も小さいため、肉眼で直接見ることができないため、従来の治療法ではファイルに伝わる手指の感覚に頼って治療することになります。
そのため、通常の根管治療だけでは、感染部分や感染神経の取り残しなどが起こりやすくなってしまいます。
また、手指感覚に頼った場合、正確な操作ができず、ファイルを根管から突き出させてしまうなどの問題を起こしてしまう可能性もあります。
このような不完全な治療によって、歯の根の先に膿がたまってしまい、再治療を余儀なくされている患者様をよく拝見します。しかし、根管治療は、再治療をくり返すほど成功率が下がります。

根管充填(最終的に根管に薬をつめる治療)の際にも、手指の感覚に頼って治療を行うと、細かな隙間ができていることもあり、そこからの二次的感染が起こる可能性もでてきます。

このように一般的に行われている根管治療は、感覚に頼らざるを得ないため失敗も多いのが現状です。その失敗が原因で抜歯にまで至ってしまうケースも多く見られます。

そういったことを避けるために、根管治療を可能な限り精密、確実に行うことが大変重要となってくるのです。
それが「マイクロスコープを用いた精密根管治療」です。


精密根管治療
当院では、根管治療を「 患者様の歯を助けるための最も大切な治療のひとつ」と考えているため、確実な精密根管治療を行うようにしております。
熟練した治療技術をベースとした精密根管治療を行うと同時に、最新の機械・器具・材料を使用することで、従来の根管治療の問題を解消し、成功率を飛躍的に向上させることが可能となります。
当院で精密根管治療を行ったことにより、他医院で「抜くしかない」と言われた歯を抜かずに治療できたケースも多数あります。


精密根管治療の特長

特徴1 ラバーダム防湿による感染予防対策
ラバーダム防湿とは、治療する歯を口腔内の唾液や細菌から守るために、その歯以外の部分を薄いゴムのシートで覆う方法です。
ラバーダムを装着することによって様々な細菌が根管内に侵入するのを防ぐことができるため、より無菌的な衛生環境で、理想的な根管治療を行うことが可能となります。
初回治療においてラバーダムを使用することにより、治療の成功率を約90%まで高めることが可能となると言われています。


特徴2 マイクロスコープ(Carl Zeiss社製 OPMI pico MORA) を使用

人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界と言われています。
しかし、精密根管治療のような高度な治療においてはミクロン単位の正確さが要求されます。

そのようなとき、手術顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、肉眼の3〜20倍に拡大した視野での治療を行うことで、より正確な作業が可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。


[マイクロスコープを用いた精密治療]


特徴3 マイクロスコープ用の数多くのインスツルメント(器具)を使用
マイクロスコープを使用した拡大視野で治療を行っていくためには、従来の治療器具よりも小さく精度の高い精密治療用のインスツルメント(器具)が必要不可欠となります。このミクロン単位での小さな器具を使用してくことにより、より正確な治療を行うことができます。
・NiTiファイルの使用
・多種類の超音波チップの使用
・多種類のマイクロエキスカの使用



特徴4 その歯に適した根管充填法の選択
マイクロスコープを用いて、きれいになった根管は、新たに「菌」が侵入しないように完全に封鎖する必要があります。その「根管を封鎖する治療」のことを「根管充填」と呼びます。
それぞれの根管の形態や状態によって、その根管に適した根管充填の方法を選択し、根管充填の完成度を上げていきます。

■Pro root MTA

封鎖性に大変優れた材料で、生体親和性に優れたすばらしい材料です。日本ではまだまだ新しい材料ですが、世界レベルでは大変評価されております。
当院でも、これまで「抜歯」と診断せざる得なかった歯牙にプロルートMTAを用いたことにより、抜歯をせずに維持しているケースが数多くあります。

■垂直加圧充填
Super Endo α βの使用

■側方加圧充填


特徴5 ディスポーザブル(使い捨て器具)の使用と衛生管理の徹底
使用する器具で可能なものはディスポーザブルを使用し、治療毎に新しいものに交換するようにしております。
また、消毒、滅菌は徹底して行っております。

一般歯科

高度総合歯科治療

審美歯科

歯周病

再生治療

インプラント

根管治療

歯のクリーニング

ホワイトニング

アンチエイジング

マイクロスコープを使用した精密な治療