赤坂歯科医院西山デンタルオフィス メニュー




より正確な診断、より安心・安全な治療を行うために


歯科用CT診断装置とは

歯科用CT(Computed Tomography)とは、レントゲン画像データを三次元的に構築し、歯や骨の状態を高精度に診断するための装置です。




一般的な歯科用レントゲンでは判断できなかった部分まで診断することができ、密度や距離も正確に計測できるため、より安全で高度な歯科治療が可能となります。


CT撮影がもたらすメリット

通常のレントゲン画像は二次元の平面的な像のため、診断したい部分の「立体的な形」や「三次元的位置関係」、また「二点間の正確な距離」などの情報を得ることができません。
しかし、インプラントなどの手術をする際には、「立体的な骨の形」や「神経、血管の位置関係」を正確に把握する必要があります。

また、歯の根の治療(根管治療)を行うときにも、歯の内部や悪くなってしまっている部分の状態をより細かく把握することが重要となります。
そのような高度な治療を行う際、歯科用CT診断装置を用いることにより、通常のレントゲンではわからなかった詳細な情報を得ることができるようになります。


歯科用CT

見えなかったものが見える
通常のレントゲンでは見えなかった部分の状態まで把握できるようになります。
正確にわかる
歯や骨の立体的な構造や位置関係を正確に把握できるようになります。
より安全な治療ができる
しっかり見て正確に診断することにより、すべての治療の安全性が高まり、治療レベルも向上します。

港区・赤坂の歯科医院「西山デンタルオフィス」では、画像の質や機能において世界最高クラスの歯科用CT診断装置を設置しています。


虫歯治療で

どのくらい悪い虫歯なのか? 神経は大丈夫なのか? その歯以外に影響は出ていないか? など病状の進行度が正確に把握できるようになるため、確実な治療計画を立てることができます。また、問題点が早期に発見できることもあります。


歯周病治療で

歯を支えている骨が溶けてしまう歯周病。その診断と治療には、歯周組織がどの程度破壊されてしまっているかということを把握することが重要になります。どのような治療が適しているのか? 再生治療は可能なのか? など、治療方針を考える際、歯科用CTは大きな恩恵をもたらします。


根管治療(神経の治療)で

肉眼では見えない歯の内部を治療する根管治療においては、歯の神経の走行や根管の形、周囲の病巣の状態などをより正確に把握することが治療の成功に繋がります。
当院で行っているような精密根管治療を行う際には、歯科用CTの撮影が不可欠となります。


歯の破折で

一方向から見た状態しかわからない通常のレントゲンに対し、歯科用CTは三次元的にどの方向からも状態を把握することができるため、通常では気づかなかった部分の診断が可能になることがあります。


親不知(親知らず)の抜歯で

親不知(親知らず)の周囲には大切な神経や血管が近接していることが多いため、抜歯する際には、親不知(親知らず)と神経・血管の位置を正確に把握する必要があります。


インプラント治療で

インプラントの手術においては、インプラント埋入領域の神経や血管の位置、骨幅、骨量、骨密度などを正確に診断する必要があります。その際、歯科用CTによる精密検査は必須です。


お口全体を考えた総合歯科治療で

お口全体の健康を考えた総合的な診断をするためには、細部の状態を正確に把握することと、お口全体を単位とした総合的な診断が必要になります。港区・赤坂の歯科医院「西山デンタルオフィス」では、歯科用CTを用いた安全・安心な高度総合歯科治療を提供しております。


新型コロナ感染予防対策

コロナ対策患者さまにお渡しするお釣り用硬貨はすべて消毒しております。
当院では従来より消毒・滅菌管理を徹底しております。常に口腔外バキュームを稼働し、院内の換気を徹底しております。

全て個室での診療となります。

新型コロナウイルスに対して可能な限りの対策を講じております。


電話



千代田線赤坂駅から南北線溜池山王駅から
銀座線赤坂見附駅から銀座線溜池山王駅から
丸ノ内線赤坂見附駅から半蔵門線永田町駅から
有楽町線永田町駅から 

ラミネートべニアのセット






赤坂歯科医院西山デンタルクリニック